アーカイブ | 8月 2016

  • オーリスタット服用時に水・ご飯は制限するべき?

    オーリスタットは肥満治療薬で、アメリカでは一般的によく用いられています。 脂肪の吸収を抑制する薬なので、炭水化物やタンパク質によるカロリー過多には効果がありません。 炭水化物であるご飯をたくさん食べて太った方に関しては、オーリスタットを服用してもほとんど効果はありません。 あくまで脂肪過多による肥満を解消する薬なので、脂肪分の摂取が多い方に適しています。 オーリスタットを服用する方は、水・ご飯の摂り過ぎには注意するべきでしょう。 水太り、炭水化物太りには効果がないので、これらが原因で太っている方はむくみ解消、炭水化物の減少などが必須となります。 オーリスタットは脂肪をブロックする薬であり、代謝促進などの効果はありません。 代謝不良によって太ってしまう方は、適度な運動をするなどして代謝を促進していく必要があるでしょう。 オーリスタットは脂肪をブロックしますが、100%ブロックできるわけではありません。 30%程度はブロックしますが、残りは吸収されてしまうのです。 それゆえ過剰に脂肪を摂っている方は、オーリスタットを服用しても肥満の進行を防ぐことができません。 30%しかブロックできないことを認識しつつ、脂肪の摂取をコントロールしていきましょう。 オーリスタットの服用において注意したい点は、脂溶性ビタミンが欠乏しやすくなることです。 吸収をブロックしてしまうので、脂溶性ビタミンはサプリで摂取していくのが好ましいでしょう。 確実にダイエットできる万能薬ではないので、食事制限や運動なども必要となります。 食生活で脂肪分の摂取が多い方は、炭水化物に置き換えるなどの工夫も必要になってきます。 いずれにしても1日の摂取カロリーは適正値に抑えたいものです。